1つのお灸

鍼灸師になりたいのなら専門学校へ

病院マーク

鍼灸院以外にも、美容鍼灸を行うエステサロンやスポーツ施設などでも活躍できることで注目を集めているのが鍼灸師です。鍼灸師として働くために欠かせないのが「はり師」「きゅう師」という2つの国家資格です。そんな国家資格を取得したいという時は、専門学校を探すところから始めてみると良いでしょう。

はり師ときゅう師という国家資格は、鍼灸科の養成課程を修了して初めて受験資格が得られます。この養成課程の期間は、3年以上と定められています。そのため、鍼灸師を目指すのであれば最短3年の期間が必要です。大学の鍼灸科に通うことによって、受験資格取得を目指すこともできますが、少しでも早く受験資格が欲しいという場合は鍼灸専門学校に行くことが有効です。専門学校であれば、3年という最短の期間で国家資格取得を目指すことができます。

そんな専門学校のメリットの一つが、夜間コースです。夜間コースは、社会人として働きながら鍼灸師を目指したいという人などに最適なコースとなっています。専門学校といえば若い人が中心というイメージを持つ人もいますが、夜間コースの場合は幅広い年齢層の人が学んでおり、何歳からでも気軽に鍼灸師を目指すことができます。仕事をしながらでも通えますのでまずは資料請求からしてみてはいかがでしょうか。

今話題になっている鍼灸師!専門学校で取得!

今話題になっている職種があります。それは鍼灸師という職種です。鍼灸師は「はり」「きゅう」を用いて施術を行う治療方法の一つです。
この鍼灸というものは大昔に日本に伝来した技術の一つで、スポーツ選手などに重宝されており、主に疲労回復・ストレスの軽減・体調不良の改善などの効果が期待されています。
この鍼灸師になりたいという方が今増加しており、在職中の仕事と掛け持ちしながら鍼灸の専門学校に通っているようです。鍼灸師になるためには、資格がなければなることができませんが、鍼灸の専門学校では鍼灸師になるための資格取得に向けた座学講習・実技講習を受講することができます。
資格取得をするのは簡単なことではありませんが、専門学校にきちんと通い技術を身に着けていけば、鍼灸師の道が開けるでしょう。
また専門学校ですので3年間で卒業することになります。鍼灸師になるために必要な知識や技術をこの期間内に身に着けることができますので地道に頑張っていきましょう。
また鍼灸師になるための専門学校は最近でも多くなっており、学校ごとにカリキュラムも異なっています。資料請求は無料で行えますので、何校かで行い比較した上で専門学校を決めると良いでしょう。自分にとって通いやすい専門学校選択しましょう。

専門学校へ通って鍼灸師を目指すメリット

日本社会はどんどん変化しています。大企業に入社しても終身雇用が保障されなくなるかもしれませんし、公務員など国の費用によって成り立つ仕事に就いたとしても、国家財政の悪化により給料が減っていくかもしれません。
しかしながら、「手に職」のある人には、ある種の安定感があります。そして、ただ漠然と大学に通うよりは、専門学校で特殊な技術を身につけるのも、良い選択肢ではないでしょうか。

例えば、鍼灸専門学校に通い、鍼灸師を目指すという道もあります。
鍼灸専門学校では、基礎医学と鍼灸の専門的技術を学ぶことができます。また、鍼灸師は国家資格であるため、全国のどこにでも活躍のチャンスがあります。どこかの病院や鍼灸院に勤めたり、独立開業したりすることが可能です。仮にそれだけでは収入が不十分だとしても、その技術を副業にしたってよいでしょうし、専門学校の教師になるという道もあります。家族が病気になったときに、何らかの手助けもできます。
このように、「自分は鍼灸治療ができる・その知識がある」というのは、大きな強みになるはずです。
また、直接お客さんに役立つサービスを提供できる仕事ということもあり、喜びややりがいも大きいのではないでしょうか。